家計簿で水道代が明らかに高い

家計簿で水道代が明らかに高いということが判明した場合、水道代を節約する方策を取っていくべきでしょう。 しかし、水道代をどのようにして節約すればいいのかわからないという方も多いと思います。 例えば、水洗トイレで流す水を少なくするという節約法があります。水洗トイレはリデュースの概念(必要以上の消費を減らす)から、もともと「大」と「小」のレバーがあるので、もちろんそれは活用しましょう。

また、「小」の場合でもレバーを最後まで回すと大量に水が流れてしまうので、レバーのひねりを調整して、より必要以上の消費を抑えることができます。 それから、水道の蛇口をしっかりと閉めるということも大切です。 特に女性ですが、次使うときに開けやすいようゆるめに閉めたりせず、ちょっと固めになるまで閉めれば間違いがないでしょう。 ぴちょんぴちょんと、水道の蛇口のゆるみから水が垂れていることが一度でもあったなら、注意をするべきです。

また、風呂場における水の使い方も重要です。 体を洗うときに、水が不要なときはいちいちシャワーを止めたり、寒い冬場でもシャワーを浴びる時間をできるだけ短くしたりして、節約をしましょう。 昔ながらに、風呂に湯を張り、シャワーを使わずにその湯を使って体を洗うのも効果的です。

他にも見てほしいサイトはコチラ>>>プロミス申込みガイド〜3秒審査、30日無利息